4月26日(火)に3年3組、2年3組の生徒56名が、世界遺産石見銀山の保全活動に参加しました。主な内容は、清水谷精錬所跡付近の伐採した竹を運搬する作業です。晴天の中、大田市立第三中学校の生徒21名、大森小学校の児童16名、大田市役所の職員の方、地域のボランティアの皆さんと共に約1時間半作業を行いました。短時間の活動でしたが、皆が協力し一生懸命取り組み、充実感を味わうことができました。

 午後からは世界遺産に登録されている大森町の街並みを散策し、街の景観に合わせたレトロな郵便局や銀行などの景観を満喫しました。また、五百羅漢・旧河島家・重要文化財に指定されている熊谷家住宅なども見学し、有意義な時間を過ごしました。

1

2

3

4